外科療法(手術)、放射線治療、抗がん剤治療の三大療法についで、第四のガン治療として注目を集めているのが免疫療法です。

この免疫療法の優れている点は副作用の心配がほとんどない治療法で、三大療法を用いての治療が困難とされているようなガンに対しても効果的に治療を行う事ができるとされています。免疫療法を簡単に説明すると体内の免疫細胞を活性化させることで、体内に侵入してきたウイルスや細菌、または体内で生成されたガン細胞に対して攻撃をしかけることで異物を排除するというものです。

ガン細胞が発生する要因とされているのが、免疫機能が低下したときなどであり、毎日3000個以上のガン細胞が発生しているといわれています。このようにガン細胞が発生してもガンに侵されないのは体内の免疫細胞が必死にガン細胞と戦っているからなのです。

ですので、この免疫細胞を強化することでガン細胞をはじめ、さまざまな病気に対しての防御システムを構築することができるのです。
免疫療法といってもその種類は実に数多く存在しており、免疫細胞を取り出し人工的に強化させた上で再び体内へと戻す免疫細胞療法をはじめ、健康食品などを服用するなど手軽な方法もあります。

ここまでの話では免疫療法が非常に優れた治療法のように思えるかもしれませんが、実際には一般的な治療法としてはまだまだ普及していないというのが現状です。

この免疫療法が広く普及していかない理由はいくつかありますが、代表的な要因として治療施設が充実していないという点と治療費が高額という2点が挙げられるでしょう。

免疫療法は一部の治療を除いては保険の適応外ということもあり、非常に高額になってしまいます。保険が適応される一部の治療に関しても、治療を受けることができる施設が限られており、必然的に民間のクリニックなどで全額自己負担で治療を受けるというのが一般的な方法であるというのが現状です。この場合に治療費は100万円から200万円程必要になる場合があります。

今後、免疫療法の課題とされているのが、1日でも早く医療保険の適応を受け、身近な医療機関で治療が受けられる体制を整えることでしょう。